「株式会社 うとQ 国際間・世代間・隣人間交流事業」交流来福(Communicating brings our happiness)

株式会社 うとQ
International & Inter-generational with Neighbors Communicating Business

TEL:044-989-1698

TOP(Namaste everybody) > ナマステ別館堂出版

電子書籍出版

ナマステ別館堂出版部の目的を少しご説明いたします。




表題は、今は亡きおふくろの言葉です。
これだけでは、何のことかわからないと思いますので、今少し続きを書かさせて戴きますと
「お金も家も二の次。
三度のご飯が食べられて、元気なのが一番。
それで充分。
あとはオマケみたいなもんだから」
これは、バブル崩壊で一夜にして父が大損をしたときに口にした言葉でした。
そうして、その父は元は船乗りで、自分が子供の頃、よくこう言っておりました。
「船長は、全員の無事退艦を認めてから、最後に船を降りるものだ」

それを息子である自分が少し進めて
「元気が何よりだとして、もし今、自分に元気がないのなら、それは、どうしてなのか?」
ひょっとして、その一因は「逃げ」から生まれているのではないか?
これを仮説として、その原因を考え、ご自分なりの答えを見つけるきっかけを提供する出版物の発刊を
「ナマステ別館堂出版部の目的」とすることにいたしました。

自分は、今は、あの世暮らしとなった父と母を大変、尊敬しているものですから、それを引き継いで、そう致しました。

【 コロナ禍カリー屋ナマステ別館堂主人 掌編小説集(合本)「子、親を選べず」】
うときゅう いっき著


電子書籍(アマゾンにて販売)

【 コロナ禍カリー屋ナマステ別館堂主人 掌編小説集第四集(続々)「子、親を選べず」】
うときゅう いっき著


電子書籍(アマゾンにて販売)

【 コロナ禍カリー屋ナマステ別館堂主人 掌編小説集第三集(続)「子、親を選べず」】
うときゅう いっき著


電子書籍(アマゾンにて販売)

【 コロナ禍カリー屋ナマステ別館堂主人 掌編小説集第二集「子、親を選べず」】
うときゅう いっき著


電子書籍(アマゾンにて販売)

【 (改訂本)カリー屋ナマステ別館堂主人 掌編小説集 「冬のひまわり」:
コロナ渦の、こんな冬にもひまわりは咲く】うときゅう いっき著


電子書籍(アマゾンにて販売)

【 コロナ禍同時進行執筆 カリー屋 ナマステ別館堂主人
「ニューノーマル探索サバイバル日記」】(月刊予定)うときゅう いっき著


電子書籍(アマゾンにて販売)


2021年

● 2021年 1月の巻
● 2021年 2月の巻

2020年

● 2020年12月の巻
● 2020年11月の巻
● 2020年10月の巻
● 2020年 9月の巻
● 2020年 8月の巻
● 2020年 7月の巻
● 2020年 6月の巻
● 2020年 5月の巻
● 2020年 4月の巻
● 2020年 3月の巻
● 2020年 2月の巻
● 2020年 1月の巻

(以降コロナ禍平癒まで毎月発刊予定)

【(新本)「人生終わったな」と思う間もなくトンネルの、闇を抜けて広野原】うときゅう いっき著


電子書籍(アマゾンにて販売)

書 棚

トピックス

▲TOPへ