2021/1/16-2

(うとQ世話し(続)特集レポートのデータを読む「若い人の、コロナ後遺症の現実」)

何故、若い人は外に出るのか?

前回の記事では、その理由として主に

「罹患しても重症化しないから」

と書きました。

それでは、年配者はその重症化リスクを冒してすら何故昼カラオケ等に外出したのか?

自分が観察したところ、いずれへの答えも、

「人恋しいから」

となりました。

若い人はテレワーク疲れからとか、年配者は時間を持て余して等と、尤もらしい事を言っても、本当のところは、人が傍にいない、コミュニケーションが上手く交わせない寂しさやもどかしさから出かけている様な気がいたしました。

「ひとは人が恋しい。自分に目をかけてくれる人をいつも探している」

のと、

「人はお金が欲しい。いつももうけ話を探している」

この愛情探しとお金探しが人間の二大行動原理のような気が致しております。

なので、この二つの向かう先を見ていると、今の世の中の力学的メカニズムの動作仕様の把握と、これから少し先の世の中の予測を立てることが出来そうです。

しかしお金はよくある話ですが

「金は天下の回り物」でいつ入ってくるか分りませんし

「金の切れ目が縁の切れ目」でいつどん底にたたき落とされるか分りません。

いずれ自分のコントロール外です。

ですが愛情の方は、相手からのは確かにままならないかもしれませんが、自分でそれを持つことは出来ますし、その結果の引き出物として相手から戴くことも出来る可能性があります。いずれも自分のコントロール内の範疇です。

その愛情を人様から得る可能性アップの要素としては、老若男女、人種、文化の違いを超えて共通していると思われるものは、自分の観察によれば、衷心から出た態度としての

「公正」「公平」「正直」「誠意」も一つおまけに「謙虚」であるような気がしております。

追記でのご提案内容)

あと行動「自粛」というのは、いかにもマイナス、強制イメージなので、ここはいっそのこと

行動「変容」即ち「変化を受容する(受け入れる)」と変えた方が良いような気がします。

「都民、県民、府民、道民のみなさん。行動自粛をお願いします」

(この言い回しだと「自粛警察」が増えます)

ではなくて

「都民、県民、府民、道民のみなさん、行動変容をしましょう」

(この言い回しだと参画意識が生まれそうです)

とか。

今回は思いつくままに書き殴りました。

書き捨て御免。

2021/1/16

(うとQ世話し 特集レポートのデータを読む「若い人の、コロナ後遺症の現実」)

昨日のニュースの中の特集で、とても興味深いレポートがありました。

「何故若い人は外出自粛をしないのか?」

理由で多かったのが

「罹っても重症化しない」と「外出して仕事をしないと食べていけないから」

でした。

後者は、食べていけないのなら、致し方ないでしょう。

しかし、前者は考えようがあるはずです。

そこで、そのレポートでは、若い罹患者のこんな現実を報告しておりました。

曰く

「罹患後の症状そのものは軽かったが、後遺症が酷く、かつまた長期にわたって悩まされている。しかも終わりが全く見えない後遺症に、です」

と。

それで、どのような後遺症かというと

第一位が、倦怠感

第二位が、気力の喪失や鬱状態

それから少し飛んで、脱毛

一位、二位は複数回答で70%以上。脱毛でも50%以上でした。

特に二位では、気力が続かない、だるくて身体が動かない、等の理由で、休職せざるを得ない例も。

脱毛については、若い女性なら美容上の観点から「自信喪失」や「引きこもり」にもつながりかねません。

しかも、このすべてに「終わりが見えない」恐怖。

「自分はこの先どうなってしまうんだろう?」

この事実を若い人には知ってもらいたいと思います。

気力もなくだるいままで生きながらえるほど、つらいことはありません。うつ病歴12年だった自分には痛いほどそのつらさが分ります。

自分は男ですが、若い頃薄毛に悩んだ経験からも、女性の脱毛に対する不安も理解できます。

一時、じじばばの昼間カラオケや富裕層じじばばのgo to travelでコロナが拡散されまくりまくりましたが、今は自宅待機死亡率の急上昇の恐怖から自粛行動に変化しているようです。

なので、次はコロナ罹患快復後の後遺症に悩まされないための、若い人の「正しい知識」に基づく行動変化が求められている気がします。

そうして、それでもだめなら緊急車両、貨物運搬車両以外の全交通機関と自家用車両の一時全面ストップくらいをしないと、コロナ封じ込めのための指標である、コロナ「実行再生算数」が早期に1以下、希望的には0.5以下にすることは、まず不可能かと思われます。

そのような過激な策の実行にまで至らないですむようにするには、今度は若い人の後遺症の重大さに着目した行動変容が必要かと思われます。